大広協サブ画像

屋外広告物の掲出について

大阪府では、広告物による危害を防止し、周囲の景観と調和した広告物が掲出されるよう、屋外広告物法に基づき条例を定めて、屋外広告物に関する規制を行っています。
大阪府屋外広告物条例は、大阪市、堺市、高槻市、東大阪市、豊中市および枚方市の区域を除く府域が対象です。
(これらの政令指定都市と中核市では、市条例を制定し、屋外広告物に関する規制を行っています)

屋外広告物とは
屋外広告物とは、次の4つの要件すべてに当てはまるものとされています。
  1. 常時又は一定の期間継続して表示されるものであること。
  2. 屋外で表示されるものであること。
  3. 公衆に表示されるものであること。
  4. 看板、立看板、はり紙、はり札、広告塔、広告板、建物その他の工作物等に掲出・表示されたもの、これらに類するものであること。


したがって、これら4つの要件に該当すれば、商業広告など営利目的のものはもちろん、名前や営業所名の表示、催し物・集会等の案内を公衆に宣伝するものなどその表示内容にかかわらず、非営利的なものであっても、「屋外広告物」に該当します。

屋外広告物の各種規制
屋外広告物を掲出してはいけない物件(禁止物件)
広告物の掲出が禁じられている物件があります。
詳しくはこちら≫

屋外広告物を掲出してはいけない場所(禁止区域)
良好な景観の形成や風致を維持することなどが特に強く要請される区域では、原則として屋外広告物を掲出することができません。
詳しくはこちら≫

屋外広告物を掲出するのに許可が必要な場所(許可区域)
良好な景観の形成や風致の維持、公衆に対する危害の防止の観点から、屋外広告物を掲出するには原則として知事の許可を必要とする区域があります。
詳しくはこちら≫

表示方法の制限区域
許可区域のうち、知事が指定する道路や鉄道等の沿線(両側500メートルまでの地域のうち、これらから展望できる範囲にある区域)は、 道路等からの後退距離や大きさなど、表示方法の制限があります。
詳しくはこちら≫

表示方法の制限物件
電柱や停留所標識を利用する広告物は、表示方法に規制があります。
詳しくはこちら≫

規制を受けない広告物(適用除外)
社会生活を営む上で必要性の高い広告物については、規制の適用の全部又は一部が除外されています。
詳しくはこちら≫

屋外広告物を掲出するときの手続 (許可申請)
屋外広告物を表示・設置しようとする市町村の区域を所管する土木事務所に申請します。
詳しくはこちら≫

ただし、掲出物件の設置・工事等を行おうとする場合には、あらかじめ大阪府知事の登録を受けておく必要があります(屋外広告業の登録)
詳しくはこちら≫

屋外広告物を掲出するときの注意事項
広告物の設置・表示に際しては、設置者と広告依頼主双方ともに守るべき義務があります。違反の場合は、罰則規定が適用されます。
詳しくはこちら≫

手続きを行う窓口
  • 屋外広告物の許可に関する事務・・・・設置区域を所管する土木事務所(維持管理課管理グループ)
  • 違法広告物の簡易除却事務・・・・各市町村
  • 屋外広告業の登録に関する事務・・・・大阪府建築指導室建築企画課
詳しくはこちら≫

【参考】
大阪府 屋外広告物のてびき(PDF)

【各市の条例】
大阪市 屋外広告物条例(PDF)
大阪市 屋外広告物のしおり(PDF)
堺市 屋外広告物条例(施行規則)
高槻市 屋外広告物条例
東大阪市 屋外広告物条例
東大阪市 屋外広告物のてびき(PDF)
豊中市 屋外広告物のしおり(PDF)
枚方市